スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
はんこ自作機「ポムリエ」が超おもしろい
デイリーポータルに記事を書きました。

pom900.jpg


これは友達と作った仙厓和尚の禅画はんこ。

pom910.jpg

元画像がれば5分ぐらいでできる。

これまで消しゴムはんこに幾度となく断念してきた身なので、こんな簡単に楽しめるなんてとてもすごい。

そしていま欲しいのははんこを収納する紙箱なんだけど、結局自作するしかないから厚紙の選定に心を奪われ始めていて、手作りは始めると本当に底なしにだニャー。
スポンサーサイト

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2014/03/29 08:20】 | 工芸研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
ルーズリーフの30個の穴があなたの仕事を変える
デイリーポータルZに記事を書きました。

loose900.jpg

他の文具と比較すると、ルーズリーフのいいところがさらに際立つ。

・2穴は弱すぎてすぐ破れるため、常時持ち歩く資料には不適すぎる。
・4穴は中途半端。マイナーなので気軽にリーフが買えない。
・ポケットファイルは、資料に書き込めないのが惜しい。
・ノートは、まだ使ってない紙も持ち運ばなきゃいけないのが不合理すぎ。
・あと間違えたときに差し替え出来ないの不便すぎ。

やはり、常に4~5枚持ち歩けば必ず事足りるルーズリーフが最強でしょう。


スコアブックのエクセルデータは、じきに公開していきたいと考えているので、おたのしみに!

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2013/07/24 21:31】 | 工芸研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
ずっと気になってる文房具『ガンヂーインキ消』
デイリーポータルZに記事を書きました

gng900.jpg



染料系インクが消えるんだな、と途中で気付いたので、そこからちょっと行き詰った。
もし僕が、染料とか顔料とか何も知らない人だったら、何も考えずにどんどん実験に挑戦できただろう。
記事に意外な展開とかも生じたかもしれない。
でも下手に知っているために今いち発想がふくらまなくて、3ページでやめました。自分に悔しい。

でも、それをさし引いても、充分に興奮して楽しめる道具だったのでよかったと思います。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2012/07/21 22:13】 | 工芸研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
親孝行な僕に、酒が無限に湧きだす
デイリーポータルZに記事を書きました

take900.jpg

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2012/05/18 23:36】 | 工芸研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
なべとコンロで作ろう、マイ鋳物(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。

Pb900.jpg


あー、えーと何だろう。
低融点合金なら、ウッド合金ってのがあって、理科の実験屋の中ではそれが有名なんですが、合金よりもただの鉛が熔ける方がインパクトあるなあと思って書いた記事です。

------------------------------

最近思ったこと。

最近漫画を描けたら楽しいかなあ、と思うことがよくある。
頭に思った構図やストーリーを、紙にささっと描けたら楽しいなと。
でも僕は残念だけど、そんなデッサン力は無い。漫画なんか描いたこともない。

ところで漫画家の中には、子供のころから漫画が好きで自分で描いていた、という人が多いように思う。
さすがだ。
漫画家になる人たちは僕が及びもしないような意識のレベルにいたのだろう。

そういえば、孫正義さんも、子供のころから「ぼくは将来、絶対社長になる!」と強く思っていたらしい。
すごい。
僕は子供の頃に社長にも漫画家にも、なろうなんて考えたことがない。

やっていたことはと言えば、宇宙や科学のことを考えたり、漫画をワープロで小説にしていたり、とかだった。
だとするとある意味では、僕が現在に至ったこの帰結も、孫正義と同じと言えるかもしれない。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2011/01/22 21:45】 | 工芸研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。