スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
7月分コネタ総集編
090731.jpg
縞々に並ぶコーラ。


父親がコーラの工場に勤めていたので、子供の頃からがぶがぶとコーラを飲んで育ったが、骨が溶けたような兆しは無い。
多分あれは迷信なのだと、体を張って証明したのではないかと思っている。


さて7月分のコネタ総集編

謎のドイツ料理「豚ガルツ定食」の正体は。

公園に刺さる人生ゲームのピン


投げやりかと思われたコネタ「ガルツ」。

もちろんガルツってのは語感がドイツ語ぽいので、ドイツ料理だの、ガルツブルグ地方だの、適当なこと言ったわけだけど、先日、ガルツという料理が実在することを目撃して、さらにびっくり。


090731-2.jpg
近所のパン屋にて。

ふつうにクロワッサン生地がウインナーに絡まってるパンだったのだけど、ガルツとはウインナーのことなのだろうか。
ネットで検索したら、カツレツみたいなの出てくるし、
http://u.tabelog.com/000094647/r/rvwdtl/733067/photo/909053/
真相は良く分からないまま。


さて7月分お便り紹介。

『書けなくなった油性のマジックは、キャップに除光液を入れてそのままペンを突き刺しておくと復活すると伊東家かなんかでやってました。』(もや氏さん)

なるほど、そのまま置いておく、ですね……。思えばことを急いたのがあの実験の失敗原因だったかなと思います。でもあの水墨画はあれとして気に入っています(笑)



その他原・子さん、おーぷんじゃんきーさん、ひよさん、メッセージありがとうございました!



スポンサーサイト

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/07/31 11:00】 | コネタ観測所 | トラックバック(0) | page top↑|
個人情報保護目的で、封筒に印刷されているランダムドット模様を読み取る
健康診断の結果が返ってきた。

qrk_010.jpg



個人情報保護のために、結果が入ってくる封筒にはランダム・ドットの模様が印刷されている。それを見て僕は「あっ!」と思った。


qrk_020.jpg
これ、QRコードにしか見えない!



こうしてQRコードを彫って以来、半年振りの僕の挑戦が再開した。

------------------------------


前回に比べて、挑戦の難易度は低い。
まずはスキャナで封筒の個人情報保護プリントを読み取る

qrk_030.jpg
モニタがいまだにブラウン管です。



qrk_040.jpg
焦点をずらすと、3Dに見える模様が浮かんできます(うそ)



qrk_050.jpg
角にある目玉みたいな四角を描画して貼り付けます。



qrk_060.jpg
拡大すると、こう。


どうだろう。もうQRコードにしか見えないとは思わないだろうか。
もし広告にこれが貼ってあるのに読めなかったら、誰もがまずは自分のケータイの故障を疑うだろうな、というレベルだ。まさかこれが封筒の個人情報保護プリントだなどとは、夢にも思わないだろう。

これはどうやって作ったかといえば、フォトショップの「レイヤー」が分からないとちょっと説明が難しいのだが、紙で例えるなら、今これは、白い紙に正方形の穴が空いていて、その下にランダムドットの紙が置いてあり、穴からランダムドットの模様が見えている状態になっている。


そして最後に期待の読み取りだ。
焦点を合わせたまま、背後にあるランダム・ドットのレイヤーを少しずつ少しずつずらしていき、読み取る瞬間を待つ。

qrk_070.jpg
ケータイを読み取りモードにしながら、マウスをゆっくり動かす。

下のレイヤーであるランダムドットシートをそろりそろりと動かしていくことで、何百通りものQRコードを試していける。これだけあれば、一通りぐらい、有意味なQRコードになるかもしれない。
僕はあまり期待せずに読み取りを続けた。







結果



qrk_080.jpg

失敗だった。

もちろん最初から読むわけは無いよな、と思いながら挑戦してきたわけなのだけれど、淡い期待は見事に打ち砕かれた。
まあしょうがないだろう。


でも僕は、ある逆転の発想を思いついたのだ。
個人情報保護プリントがQRコードになるかを試すのではなく、逆にまずQRコードを作成し、それを封筒に印刷して個人情報保護用に使うのだ。こうすれば必ず保護プリントをQRコードとして読むことができる。
さらに言えば、そのQRコードの読み取り内容に、個人情報をテキストで埋め込んでおくと、個人情報を保護するはずなのに逆に個人情報をさらしてしまうという、再逆転も起こりうる。

よって次回以降は、個人情報公開封筒の作成にトライしていきたい。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/07/24 11:00】 | 科学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
書けないマジックを許さない(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。


書けないマジックを許さない。
magi_999.jpg



以下、こぼれ話。

------------------------------

僕が子供の頃からロングセラーの「マジックインキ」や「マッキー」に比べて、ホワイトボードマーカーは最近に技術革新でもあったのか、「直液式・筆記距離3倍」みたいなのが主流らしかった。おかげで、トラディショナルなホワイトボードマーカーを売っているのを見つけるのは意外と困難だった。
とある本屋で売っているのを発見して今回の記事に使ったわけなのですが、妥協して「筆記距離3倍」を使って実験をしていたら、ホワイトボード大を10回も塗りつぶしていたのかと思うと、ぞっとする。



ところで、記事の前半に使用した自分の顔の写真、けっこう難しくて「オーバーリアクション過ぎてもだめかな?」などとこだわり、何十枚も撮りました。今あらためて、没にしたオーバーリアクションの写真を見て、自分は役者には向いていないなあ、と心から思いました。

magi_900.jpg
すごく気持ち悪い。


やっと夏休みなので、ちょっと粘り腰入れて実験・製作に挑戦してみようと思います。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/07/17 11:00】 | 工芸研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
いろいろなシーサーがある
沖縄にはいろいろなシーサーがある。

こんなのや、

IMGP0529.jpg


こんなのだ。

IMGP0519.jpg



でもこんなのもあった。



IMGP0419.jpg

どちらかと言うとフクロウの像に見える。

そしてこんなの。

IMGP0532.jpg




roma_05.jpg

真実の口に激似。


メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/07/09 23:21】 | 都市研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
コネタ6月分、メールお返事
ホームセンターで見つけたけどダメな気がしたコネタたち。


090701-1.jpg
みかん、という名前のトウモロコシがある



090701-3.jpg
葉がついたまま売られる竹ぼうき


何を興奮して写真撮ってたんだ、って感じです。

さて、6月のコネタ城掲載記事はこちら。

トトロの大・中・小は親きょうだいだった。
コダカラベンケイソウに孫が産まれる

トトロのほうは本当に衝撃でした。さらに詳しく調べたら、なんでももののけ姫の「木霊」が歳月を経ると小トトロになるらしいです。
さて、この研究所、たまに見学者の皆さんからメール・ブログ拍手メッセージをもらえるので、お返事を少し書かせていただきます。

『鉛筆ではなく、シャープペンシルの芯で違いが出るのかも、ちょっと気になりました。』(marsさん)

シャーペンの芯は基本的には読むようですが、読まない場合もあるようです。こちらの記事(@エキサイトビット)で簡単に調査済みみたいです。ただ読まない芯探しは膨大すぎるのであきらめました。


『男性向け雑誌でも着まわし企画はありますよね』(?さん)

はい、初めて見たときは僕も衝撃でした。あれ、同性のを見るほうが面白いかもしれませんね。


『7日のひよこって本物ですか?』(kittyさん)

よく見ててくれました! あれは『夢ひよこ』というおもちゃです。
電池入りで、鳴いたり羽ばたいたりする、最近お気に入りのおもちゃです。
リンク:セガトイズ「夢ひよこ」
いつもPCのモニタの前に置いて和んでいます。


他にもシマダさん、ooshimaさん、メッセージありがとうございました!

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/07/01 11:00】 | コネタ観測所 | トラックバック(0) | page top↑|
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。