スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
PCが壊れたんで、お便り紹介
すいません、PCが壊れました。現在知人の下に入院中です。
なので今週の研究所更新は、お便り紹介でいってみようと思います。

*糖衣錠の味
「ビタレストは仕事で毎日帰りが遅い夫が銘柄指定で常用しています。運動が苦手で、国語と理科で生きている感じに、勝手にシンパシーを覚えました」(なめこさん)

ありがとうございます。ビタレストは2000円もしただけあって、しっかり疲れが取れる気がします。それにしても国語◎、理科◎、運動×なんて人に会えたのが嬉しいです。こんどゆっくり人生語りましょう。

「所で先生がこういったブログしてる事に対し生徒さんの反応はどうなんでしょうか?」(あいちんさん)

読んでる生徒もいるようですが、特に内容についてからまれることはないです。からむほどでもない内容だからなのか、僕がからみづらいキャラだからなのか、気になります。

*祖父の贈賄容疑
「にぼしの頭を取っているのが気になりました」(hydrochaerusさん)

あれは、ダシにするとき、苦みが出ないようにです。今度ためしてみてください。頭と内臓を取るだけで料亭の味です。

その他、y2さん、サシスミオさん、とめさん、Hayaさん、ありがとうございました!

スポンサーサイト

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/10/25 19:01】 | 附記 | トラックバック(0) | page top↑|
昭和二十六年、祖父の贈賄容疑を探る・後編
~前編までのあらすじ~

ネットを検索していたら、大好きな祖父と同じ名前の男「加藤文吉」が、昭和二十六年に贈賄容疑で逮捕されていたことが判明した。状況と記憶から判断するに、じいちゃんであるとも、じいちゃんでないとも言える状況である。ことの真偽をはっきりさせるため、僕は一路、報道されたという昭和二十六年十一月十五日の新聞を捜しに図書館へと向かった。

------------------------------

祖父は明治43年、西暦に直すと1910年生まれだから、昭和26年である1951年には41歳になっているはずである。新聞には普通、容疑者の年齢は載っているので、その男が41歳であるならば、非常に高い確率で祖父であるということができる。

僕は図書館一階の、新聞バックナンバーコーナーに向かい、昭和二十六年十一月十五日の新聞を捜した。

sofu_050.jpg
こなへんかな……

sofu_060.jpg
ここだ! 間違いない。

sofu_070.jpg
で、発見しました! それっぽいもの!

sofu_080.jpg
日付も間違いなし!

sofu_090.jpg
そして十一月十五日の社会面を開くと……

sofu_102.jpg
あった! 「融資の伏魔殿、商工組合中央金庫」の記事!

下に拡大して見られる記事の画像も載せておいたが、併せてテキストでまとめておこうと思う。
sofu_103.jpg

------------------------------
警視庁捜査二課では中央区京橋一の一〇商工組合中央金庫(理事長豊田雅孝氏)の資金貸し出しをめぐり大がかりな贈収賄の事実があることを探知、東京地検の指揮で捜査を続け十四日までに同金庫営業部融資係品川勇(三七)=川崎市朝田町●●●●=を収賄容疑で、東京洋紙商協同組合参事兼事務長加藤文吉(四一)=千代田区九段●●●=を贈賄容疑、東京製材協同組合参事高橋武治(三五)を業務上横領容疑で検挙した。同金庫は中小企業の組合を対象とする運転資金の貸し出しをしているのに、各協同組合単位に貸し出す金額は大きく、それだけに金詰りにあえぐ全国中小商工業者は各地方選出代議士を通じて働きかけ、また役人側も同金庫の幹部以下金品の収賄や饗応を受けるのは半ば公然化し、捜査線上には早くも融資あっせんをめぐり自由党某代議士、元通産次官の名も浮かんできている。
調べによれば品川は融資指定の際に都内四百八十に及ぶ各協同組合の猛烈な融資申込みのなかで特に東京洋紙商協同組合に計一千万円にのぼる融資を受けさせる便宜を与え、その謝礼として加藤から昨年春から本年八月ごろまでの間に数回にわたり数十万円の金品の収受をしたほか、都内各所の一流料亭で豪華な饗応を受けていた。なお加藤は某代議士(自由党)の元秘書であった関係から品川に巧に取り入り、洋紙商協同組合に有利な借入れに成功していた。また高橋は同金庫への働きかけの手段として豊田理事長以下幹部を箱根に招待したが、その接待費五十万円は高橋の独断で勝手に東京製材協同組合の基金から引き出し幹部以下豪遊していた。この融資獲得用のため同金庫の係員接待費として計上していた額は各組合とも数百万円に上っているといわれる。

------------------------------

というわけで、41歳という年齢だけでなく、「千代田区九段●●●」という住所も完全に一致、どうやら「加藤文吉」は完全に僕の祖父であったことが明らかになった。また、代議士秘書であったという事実も、僕が知らないだけで存在したようである、ということも明らかになった。

新聞で判明した情報はここまでだ。
これ以上は当時を知るうちの家族に聞かないと分からない。
まずは当時小学生であったうちの親父に話を聞いてみた。

sofu_200.jpg
煮干の頭を取る作業を手伝いつつ、親父に話を聞く。

僕「親父さぁ、こないだネットで検索してたら……(中略)……だったんだけどさ、あれってうちのじいちゃんなの?」

すると親父は語りだした。

父「あー、あれな。そうだよ、もう秋の寒い頃に、警視庁に一週間ぐらい突然拘留されてな、新聞にも大きく載ったもんだから、知り合いの人なんかがずいぶんと心配して尋ねに来てくれたよ。当時まだ乳飲み子だったお前のおばさんを抱えてな、母さんが警視庁まで毎日差し入れを持って行ったんだ。そしたら母さん、親父に『これじゃ足らん、これは食わん』て言われて、ずいぶんつらい思いをしたって言ってたなぁ。で、その拘留中、警視庁に外語学校時代の後輩の人がいてな、『加藤さんはそんな事をする人じゃない!』って上に掛け合ってくれたらしくって、それが心に浸み入るほどうれしかった、って言ってたよ。」


sofu_210.jpg
摘み取られゆく煮干の頭。


僕「あー、やっぱりほんとだったんだ。で、そういえばさ、自由党の代議士秘書なんてやってたって新聞に書いてあったんだけど、そんなのやってたの?」

父「あー、やってたよ。志田義信、って衆議院議員の秘書をちょっとだけな。酒田の議員だったんだけど、あんまりそりが合わなかったみたいで、すぐに秘書は辞めて東京に出てきたみたいだな。で、その人も一期限りで議員を落選しちゃったな」


なるほど。
じいちゃんが短い期間ながら衆議院議員の秘書をやってたというのは、どうやら本当だったっぽい。
高校のときの政治経済のじいさんの先生が、元代議士秘書だったってんで、みんな少し尊敬の眼差しで見てたんだけど、まさか自分の祖父がやっていたなどとは思いもよらなかった。


sofu_220.jpg
頭の摘み取り、完了。

参考までに志田義信さんのデータをリンクしておく。
「ザ・選挙」~第24回衆議院議員選挙・山形2区

ネットの情報では昔過ぎて、その業績も来歴も分からないが、それは重要ではない。とりあえずこれで、議事録と新聞の情報と親父の話と、全ての符号が一致したわけだ。謎は完璧に解けた。じいちゃんは贈賄の容疑で逮捕されたことがあり、代議士秘書をやっていたこともある。

ここで追跡は終わるかに見えたが、まだもう少しだけ話は続く。
僕は偶然、昔の実家であり、じいちゃんが住んでた家である九段の家で、新たな資料を発見した。
それは次の経緯による。

------------------------------


sofu_300.jpg
資料を見つけた九段の家。僕が生まれ育った、今はもう古い家。


私事になるが、最近九段の家、つまり僕の昔の実家で、祖母と二人暮らしをしていた叔父が急逝してしまった。
叔父は結婚しなかったので、いない子供の代わりに、甥である僕が毎週九段に帰って、遺品を少しずつ整理している。叔父が亡くなる直前まで使っていた部屋は、生前の祖父の部屋でもあったので、叔父の遺品と祖父の遺品が同時に積み重なっている部屋になっている。その部屋で遺品を整理していたら、こんな物が見つかったのだ。

sofu_310.jpg
無題、と書かれた冊子。

表紙に「文生」と書いてあるので、祖父のものと分かる。中身は祖父の切り抜き帳だった。祖父は斉藤茂吉を好きだったので、切抜きの中身は主に斉藤茂吉に関する新聞記事だったが、それに混じってこんな物が記してあった。




sofu_321.jpg
祖父のメモ書きのような短歌。

ここでは読みにくいが、「監房雑詠」と題してある。
祖父が拘留中に、監房の中で詠んだもののようだった。

贈賄容疑の事件に関して、さすがにばあちゃんには聞きずらいな、と思ってこれまで聞かずにいた。旦那が警視庁に拘留された思い出の話である。差し入れに行くのにもつらい思いをしたと親父も言ってたし、触れないほうがいいと思っていた。
だが、一緒に遺品整理をしていたときに、このページを見つけてしまったので、触れないのも不自然だし、これも巡りかなと考え、思い切って聞いてみた。

「これ、あのときのやつだね……」とさりげなく話をふってみる。

ばあちゃん、傷付いたりしないだろうか。

と、いったような、僕の心配は全く無用だった。
読んでも「はて?」となっていたので、うちのばあちゃん、全くこの事件のことを忘れていたようだった。僕があらましを説明すると思い出して、ああ、そんなこともあったわねえ!と、あっけらかんとしていた。当年87歳、年齢というのはいろいろな作用を持つようだ。

その後、ゆっくりと祖父の詠んだ短歌を、ばあちゃんと読み解いてみた。

sofu_330.jpg

組合の 為なれかしと せしわざに 我とらはれの 身とはなりぬる

智性なき 看守の声に 追わるごと 房に入りゆく 我が身悲しも

梅ぼしと つめたき汁に 端座して 今日一日の いのち伸ぶるか

秋晴れの 日曜らしも 庭先に つどふ吾子の 姿偲ばゆ

隙間洩る 夜寒の風に 寝がへれば 房内総て いねらぬごとし

釈放の 言葉の響きの 嬉しさよ 秋晴れの空 まばゆく仰ぐ



祖父のストレートな悲しみ、つらさ、解放された喜びがそのままに伝わってくる短歌だった。

------------------------------
結論

その後の話は誰からも聞かないので、おそらく聴取だけ受けて、そのまま不起訴になったのではないかと思われる。要はお中元やお歳暮に贈った物品が豪華すぎたのが、一線を越えるか越えないか、という判断だったのではないか。そしてそれは「越えない」と判断されたのだろう。

じいちゃんが死んで16年、僕も他の家族同様にじいちゃんが大好きだが、父の末子だったので、じいちゃんのことを誰よりも知らないままに別れてしまった。もう少し大人になってからもじいちゃんに会い、話をしたかったなと思う。(そのせいか、いまでもじいちゃんの夢を見る)

けれどこの一件を通し、これまでに思いもよらなかったじいちゃんの一面を見ることになった。それはとても意味のあることだった。
もしも祖父が何かのはずみで起訴されていたら、僕は祖父に対して幻滅しただろうか?
答えはもちろんNOだ。
祖父が家族のために戦った戦後期の奔走に僕は感謝しなければいけないし、物事は決して有罪か無罪かの二元論では語れないものだ。

そんなことをあらためてじいちゃんが僕に教えてくれた、今回の追跡だった。

【昭和二十六年、祖父の贈賄容疑を探る・完】

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/10/15 11:00】 | 史学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
昭和二十六年、祖父の贈賄容疑を探る・前編
僕の祖父は名を加藤文吉といい、明治43年に生まれ、平成5年の僕が中学3年生のときに83歳でこの世を去った。もう16年前の話になる。
じいちゃんは質実剛健かつ豪放磊落な感じの人で、75歳まで会社で仕事をし、引退後は書道と囲碁を嗜んでいた。老人同士で集まるのをあまり好まず、最後まで威風のある生き方を通した人だったと思う。


sofu_010.jpg

これは僕がまだ2~3歳の頃、祖父の胸にカンガルーのように抱かれている写真だ。
記憶の中に在る祖父は厳しく、静謐な雰囲気を持つ人だが、孫にはやっぱり優しかった。僕は小学生の頃、祖父の散歩に常にお供を申し付けられ、そのたびにハンバーガーやホットドッグにありついた。遠くまで散歩に出るときは、浅草で寿司を食わせてもらったり、新宿で天麩羅をご馳走になったりした。要は、なかなかにかわいがられていたのだ。

父や叔父も含めて、祖父のことを敬っていない人はなく、完全無欠とまではもちろん言えないが、芯の強い立派な生き方をした人だった、というのは家族の共通理解のように思える。

------------------------------

さてそんな祖父だったのだが、先日の事になる。
ネットをだらだらと見ていて気だるくなってきた僕は、暇に飽かせて祖父の名前をネットで検索してみた。検索結果は41件。祖父の名前で表示される全然別人のことがほんのりと面白くてそれらを眺めていた。ネット時代の前に亡くなった人だったので、引っ掛ってきたのはほとんど全部、同姓同名の別人だったのだけれど、ひとつだけ、「あれ? これはじいちゃん本人ではないか?」 と思われる検索結果があった。

以下のページになる。

参議院会議録情報 第012回国会 通商産業委員会 第16号
sofu_020.jpg


国が作成している、参議院の議事録の集成のようなものと思われる文章だ。昭和26年のもので、文字だけが延々と続く、いかついページである。
しかしこれを読むと、この中にはっきりと「加藤文吉」と、祖父と同じ名前が数回出てきている。そしてその男の役職は「東京洋紙商協同組合参事兼事務長」らしい。
これがすごく僕の気をさわがせた。
祖父は、当時東京で、洋紙の流通に携わる仕事をしていた可能性があったのだ。祖父が75歳まで勤めた会社はどこだかの洋紙販売会社で、お陰で子供の頃は、家にいつでも子供の落書き用に高級ケント紙があふれていたから、はっきり覚えている。これは間違いない。祖父は戦後の混乱期には、転々と仕事をしたと聞いていたが、昭和26年にはすでに洋紙の仕事をしていたのだろうか。

気になった僕は、さらに記事を読み進めることにした。いったい祖父かもしれないこの「加藤文吉」氏は、なぜ参議院の議事録に名前が載っているのか。何をしたというのか。
60年前の文章で対話形式、ということで非常に読解しずらいところが多数あったのだが、それでも頑張って読解し、解釈してみると、以下のような構図が浮かび上がってきた。


sofu_030.jpg


簡単に言うと汚職に関わる話だ。逮捕されたのは4人。
当時の不況下で資金繰りにあえぐ中小企業が、経営資金の融資を商工組合中央金庫に申し込む。その便宜を図るように贈賄を働いた東京製材協同組合の高橋という人と、商工中金の品川という人が逮捕。その捜査を進めるうちに、他団体も贈賄していた可能性が持ち上がり、東京洋紙商協同組合の加藤文吉と、東京製材協同組合の松岡という人が逮捕され、取調べを受けたという話のようである。

贈賄。
祖父のイメージからはわりと遠い単語だ。責任感が強く、家族みんなから尊敬されていたじいちゃん。孫を愛し、兄貴には砂場を作ってくれ、僕には旨いものをいっぱい食べさせてくれたじいちゃん。いったい、この「加藤文吉」氏は本当に祖父なのだろうか。

この議事録の中でひとつ気になる点がある。この「加藤文吉」氏は、自由党の代議士の秘書をしていた、と書かれている点である。
じいちゃんは、一緒に散歩しているときに、自分の話をぽつりぽつりと話してくれることはあったが、そこから僕が知っている祖父の職歴は、高校で中国語の教師をしていたということと、東京裁判で中国語の通訳をしたということぐらいである。代議士秘書の話を聞いたことはない。
というわけで、状況的なものから「加藤文吉」が祖父である可能性を検討すると以下のように整理できる。

◎戦後の東京で洋紙の販売をしていた「加藤文吉」なんて、そう何人もいないだろう。多分じいちゃんじゃないのか。
●でも自由党の代議士秘書をしていたなんて話、本人からも親父からも聞いたことがない。
●そもそも、満州引き上げ後数年、洋紙の仕事を始めたばかりだろうというのに、組合の事務長をやっていたのだろうか?

最後の項目に関して説明をするために、ざっと祖父の経歴を説明したい。
祖父は山形県酒田市で生まれたのち、旧制酒田中学校を卒業、東京外国語専門学校、今の東京外国語大学へ進学し、中国語を専門に学ぶ。(なのでうちのじいちゃんは、英語もロシア語も中国語もできた!自慢!)卒業後、満州鉄道に就職し、満州国へと渡る。満州鉄道は国策会社だったので、半軍人のような形で戦争に携わったのではないか、と親父から聞いているが、じいちゃんは戦争のことについて全く話さない人だったので分からない。
敗戦後、裸一貫で引き上げてきた後、酒田と東京を行きつ戻りつしながら、東京で生活していける算段を立て、千代田区の九段に家を買う。これが僕の生まれ育った家となる。件の贈賄事件があったと考えられるのはこの頃だ。東京で生活できる算段が付いた頃なので、まだ安定した仕事をしていたかどうかは分からない。洋紙の仕事に就いていたかも分からない頃なのに、組合の事務長なんてやっていたのだろうか?

考えていても埒が明かない。
幸いなことに、先の議事録には「去る十五日の毎日、読売両新聞に贈賄、收賄の事実があり、不正融資の疑いもあるという報道があります。」と書いてある。つまり、昭和二十六年十一月十五日の新聞を見れば分かるのだ。
僕はじいちゃんの贈賄容疑の真偽を突き止めるために、図書館へと向かった。

後半へ続く

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/10/15 11:00】 | 史学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
糖衣錠の中身はどんな味か(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事が掲載されています。


糖衣錠の中身はどんな味か
toi_910.jpg


でこぼれ話。

------------------------------

あれから数日経ったが、今でも我が家の洗面台の奥から、正露丸の臭いがするのに驚く。恐ろしい医薬品だ。
最近仕事が忙しく、この記事も深夜まで夜を徹して、どうにか仕上げることができた。翌日の仕事はつらかった。疲れがたまらないように、余ったアリナミンとビタレストでも飲もうかと思う。(一石二鳥)

------------------------------

ところで最近、twitterを始めてみました。
左の窓、「研究所広報」からご覧になることができます。
研究所には書かない、生まれ出づる前のカオスのような思考が流れる予定ですが、フォローをお願いします。

------------------------------

来週の「まさゆき研究所」は、秋の特別更新!
史上最大のスケールでお届けする、研究所初のサスペンス記事です!

突然浮かび上がった、元代議士秘書による贈賄事件!
図書館に眠る資料が明らかにしたものは?
本人が書き遺したメモに残された真実は?

お楽しみに! (全部本当ですよ!)

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/10/09 11:00】 | 科学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
臭いという字に見えるもの
パソコンの漢字は、時おり棒が一本省略されていることがある。
たとえばこれ。

091002-1.jpg


これは「臭い」という字。
読みやすくするために、棒を一本省略して表示されている。

で、この省略された「臭い」という漢字。


091002-2.jpg

ずっと見てると、





e_010_soldier.gif



ボコスカウォーズの敵キャラに見えてくる。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/10/02 23:00】 | コネタ観測所 | トラックバック(0) | page top↑|
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。