スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
薄暗い海、工場の煙
川べりに出ると遠くに、煙の出ている煙突が見えた。
僕はその煙に向かい歩いて行くことにした。

100429-1.jpg

雲が厚くて黒いのに、へんに明るい空。
年に何回かだけ見る、天変地異っぽい不気味な天気。
中学生の頃、授業中にちょっと遠くの町を眺めていたことを思い出す。

100429-3.jpg

河口の街は海に近い。
川沿いに下ると、津波防止の巨大な水門があり、すぐに海に出る。
砂浜は無い。
黒い小石で覆われた河口地帯が、とめどなく、果てなく広がる。
カラスが群れ飛んでいる。

100429-2.jpg

浅瀬にはテトラポッドが、世界の果てに見棄てられたように積んである。
小石の海岸は歩きずらく、足にがらがらと絡まる。
一歩ごとにガゴロッ、ガゴロッ、と響きあうという音が地に伝わる。

100429-4.jpg

防波堤の向こうに、目当ての煙突が近くなってきた。
煙は吹き始めた浜風にあおられている。
僕は方向を変え、海辺から離れるように歩を向けた

100429-5.jpg

空気の匂いが悪い。
海岸から防波堤の中に入ると、工場が群立していた。
カラスの量が半端無い。ゴミ収集車が何台も停まっている。
暗い空に、カラスの黒い色が変に映える。

100429-6.jpg

雨上がりの道。
弱く光る太陽が、雲の間から水たまりを照らしつける。
虹は見えない。
映る影をみて、背中が汗ばむ。一方通行の道を歩く。

100429-7.jpg

たどり着いた工場はいっそうもくもくと煙を天に伸ばしていた。
油揚げ石油とおからを、同時に燃やしたような匂いのする工場だった。
誰も人がいない。
わきの道を、毛が半分抜けかけた犬がひょこひょこ歩いていく。


僕も堤防の上をひょこひょこ歩き、元の川べりへと帰っていった。


------------------------------

海岸で見つけた小石。
レンガとセメント。かつて建物だったものの一部。

100429-8.jpg




スポンサーサイト

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/30 01:00】 | 文学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
脱脂粉乳は本当にまずいのか(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。
milk900.jpg

------------------------------

デイリーなら、誰かやってるんじゃないかなと思ったら、誰もやっていなかった脱脂粉乳の話。
ライターの尾張君が、「それ、俺もやろうと思ってたんですよ」と言っていたのですが、同じサイトに集っている人が、同じ時代に同じ国で過ごしているので、やっぱりかぶりますよね。
そういう僕もライターを始めてから、自分のネタ帳からそっと消したネタがいくつかあります。

これで今月5本目。これ以上記事を書くと、疲れて書くことがキライになってしまいそうなので、こんなにいっぱい書くのは控えようと思いました。うー。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/29 20:00】 | 食品研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
エコカイロを爆竹で反応させる(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。
eco900.jpg

エコカイロを爆竹を含む、いろんな手段で反応させる話です。

------------------------------

この記事のために爆竹を買った。

この季節、なかなか売っていないので、通販で注文したら、間違えて線香花火詰め合わせを注文してしまい、届いた後慌ててもう一度注文しなおした。

で、届いた爆竹の量は、めちゃくちゃいっぱいあった。

eco910.jpg

家族に「旧正月でも祝うのか」と言われた。

というわけで、いま、うちには爆竹と線香花火が大量にある。

------------------------------


さて、爆竹を爆発させる広場に行こうとしたら、道ばたにこの看板。

eco920.jpg

俺のために立ててくれてるのかと思うくらい、タイミングのあった看板だった。で、実際に看板の近くの目的の広場まで行ったら、本当にロケットの打ち上げをしていた。

eco930.jpg
休日の楽しみは、ヘルメットかぶってロケットの打ち上げ。


これの取材をしてもよかったかもしれない。
筑波は不思議な街だ。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/22 23:00】 | 科学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
めんつゆフォンデュでお花見に行こう(@DPZコラボ記事)
デイリーポータルZにコラボ記事を書きました。
men_900.jpg

ヤマキさんに後援してもらって書いた記事です。

men_910.jpg

ヤマキさんのサイト「めんつゆ研究所」では、研究員を募集しているみたいです。当ブログとは、研究所つながりだ。

------------------------------

品川区の大井にあるバーべQのできる臨海公園に行って撮影をしたのだけれど、東京の臨海地区に独特の雰囲気がなんとも言えず新鮮だった。実は東京の23区部在住の人でも、臨海地区に行く機会はあまり無い。


より大きな地図で 臨海地区 を表示


僕もわりと海に近い地区の東京で生まれ育ったのだけれど、行ったのはハゼ釣りに行ったときと、花火見に行ったときぐらいだろうか。行ってみると倉庫街が続く荒涼とした雰囲気は軽く非現実的であり、戦慄に似た感情を呼び起こす。
横浜や湘南の海のような、街や人に慕わしげな様子は全く無い。それが東京の海だ。

デイリーでも何度か、東京の臨海地区に関する記事が載っている。

「東京の古い海岸線」

「お台場の南の島から見えた夕陽」


今回の記事を書くにあたって、いろいろと臨海地区をグーグルマップで見たり、品川区の公共施設の案内ページを見たりしたら、他にもバーべQのできる公園や、キャンプのできる公園、運動施設を併設している公園なんかがあったりするらしい。

あの荒涼とした街並の中に、キャンプ場。気になる。

またひとつ、実りの多そうな地域を見つけたな、という気がする。
夏になったら、バイクで走って探検しに行きたい。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/16 23:00】 | 食品研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
本物の心霊写真としか思えない
本当の心霊写真の話です。
怖くなる人は見ないで下さい。

------------------------------

先日、職場でニュージーランドに行っていた同僚が帰ってきて、彼のデジカメの写真を見ていたときのことである。
デジカメから抜いたメモリーカードをリーダーに挿して、順番に見ていったときに、一枚の写真で彼の手が止まった。

100412-1.jpg
この写真だ。

一件何の変哲も無い写真、彼が言うには、海がきれいだったから、車の中から撮ったという写真なのだけど、よく見ると中央に、何かよく分からないものが写っている。

100412-3.jpg
これ。

なんだろう? ということで、拡大して見てみることにした。

100412-4.jpg

人だった。

いや、正確に言えば人の形をした怪しい影だ。
これは何だろうか? 霊だろうか?
その場で前後何枚かの写真を見ながら、ひとしきりみんなで検討し、自分でも考えてみたかったのでこれ一枚をもらってきていろいろと検討したのだが、やっぱり分からなかった。霊としか思えない。

その検討した可能性について説明します。


------------------------------

可能性① 窓ガラスに映りこんだ何かじゃないのか。

確かにこの写真、車の中から撮ったので、いろいろと余計なものが映り込んでいる。

100412-2.jpg

しかしこの人影に限っては、確実に窓ガラスの映り込みでは無い。
拡大してよく見てみよう。
波打ち際に、この人影の影がしっかりと映りこんでいるのだ。

100412-5.jpg
ほら。

ということは、この人影は確実に波間に存在した「何か」であって、窓ガラスの映り込みでは無いっぽいのだ。


可能性② そこにいた何か、もしくは誰かじゃないのか。

そもそも、ただの映り込みにしては、人としてあまりにバランスのとれたポーズをしている。手足、ヒザ、頭のバランスまで完璧だ。
誰か人がいて、それがボケて映ったんじゃないのか? そうとも考えたが、どうも違うっぽい。撮った彼も言っていたのだがこれ、大きさはたぶん30~50cmぐらいしかないのだ。実際の周囲の波の大きさとのスケール感から考えても確かにそのぐらいしか無い。

で、彼には前後数枚、同じ海岸で撮った写真を見せてもらったんだけど、そこに写っていたのは、カラフルな水着を着たニュージーランド男性&女性で、スケール感も違和感無く写っており、明らかにスケールがおかしい上に、モノクロであるこの人影は、どう見ても異質だ。

というわけで結論。これは少なくとも、人間では無い。


可能性③ イタズラで誰かが立てた人形なのでは無いか。

となると最後の可能性はこれしかないが、この説も採ることはできない。
だってこの写真のこの人影の周囲、明らかに空間が歪んでんだもん。

100412-6.jpg
もやーん。

周囲に比べて、明らかに画像がぼやけてる。曇った処理をかけたみたいになっている。
周囲が波である中に人影が写ったので、画像圧縮の処理の関係でこういう風になったのかとも思ったけど、さっき言った、前後数枚の普通の写真の中には、同様に人が海の中に入っているものもあり、こんな風にもやもやにはなっていなかった。
つまり、この写真の、この人影の周囲だけが、なぜかモヤモヤとしているのだ。

これは、霊による空間の歪みとしか思えない。


可能性④ その同僚のイタズラなんじゃないのか。

彼とはもう4年間いっしょの部屋で仕事を続けているが、極めて実直な男で、絶対に周囲をだまして喜ぶタイプの人では無い。
それ以前に、彼には僕がエクセルやフォトショップの操作法を教えている感じなので、こんな高等な画像処理イタズラができるとは、ちょっと考えにくい。もらってきたこの画像だって、EXIFファイルもちゃんと改変されずに残っている。撮ったカメラはIXY DIGITAL 110、露出時間は1/1000だ。


------------------------------

というわけで、どうやら本当にこの写真は、海に住む何らかの霊が写り込んだ写真っぽい。あんまり怨念がこもっている感じでもないので、祟られそうな気もしないけど……。

ご覧の方で、「いや違う、これは心霊じゃなくて……だ!」と、この写真に対する解答をお持ちの方がいたら、ぜひお願いします!

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/11 23:00】 | 霊魂研究室 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑|
亀の子タワシからヤシの木を育てよう
デイリーポータルZにエイプリルフールウソ記事を書きました。

tawashi_900.jpg

去年、タワシでベランダ掃除をしていたら、なんかの拍子に植物の種がタワシの隙間にまぎれ込み、ベランダのタワシからにょきにょきと芽が生えていました。そんなインスパイアで書きました。

今年もデイリーはエイプリルフールウソ記事特集でした。

2010ウソ記事一覧

小野法師丸さんの「河原のかまいたちにインタビュー」は、企画会議の一覧で見たときから楽しみで楽しみでしょうがなかったのですが、期待を裏切らない面白さでした。

ところで僕はウソ記事を書くのが好きだ。
以前大学時代、友人が「嘘掲示板~嘘しか書き込んではいけません」という掲示板を設置していて、それが面白く、一日中書き込む嘘を考えていた。で、毎日一回ぐらいの頻度でウソを書き込んでいたら、程なく友人がその掲示板を閉鎖してしまった。残念だった。
というわけで、今では年に一回のこの企画だけが、僕のウソ書きの楽しみです。来年もよろしく!

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/05 09:00】 | 科学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
黒糖と湧水で作ったコーラを飲んでみた(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。

ie_900.jpg

僕の記事は、毎月第一金曜日に掲載なのですが、この4月から木曜日へ変更になりました。

なので、4月2日(金)は原稿納入なくなったんだな、と思っていたら新年度移行は翌週からだったみたいで、4月1日の夜に安藤さんから「明日の原稿どうしましたか」と電話がありました。エイプリルフールの嘘かと思ったら、リアルだったので、大変にあせりました。
ネタストックをしておいて、なんとか助かりました。

というわけでこの記事に、そこはかとない「手抜き感」を感じられた方は正解です。次はしっかりと仕上げたいと思います。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/04 23:00】 | 食品研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。