スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
チリメンモンスターを食べる(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。

chiri900.jpg

------------------------------

理科教育の話。
僕はフィールドワーク、つまり野外に出ての生物観察活動には賛否両論だ。

生物教育の世界、特に教員集団が中心になっている団体には必ず、やたらフィールドワークが好きな人の群れがいる。その先生たちにとっては、野外に生徒を連れて行くことは、非の打ち所の無い「良いこと」で、さあ野山に行くぞ行くぞ、的な空気を発散している。
若い教員で、分子生物を中心にやってきた人なんかだと、この空気についていけない人も多い。「そなへんの草木を見て何になるんだ?それ博物学じゃん。RNAiも知らないくせに」みたいな。

どっちの言い分も分かる。
生物学はここ何十年かで急速に進歩して、高校のカリキュラムも激変した。ほとんど違う教科に思えるぐらいだ。くるりと山口百恵を、同じ「ポップス」に当てはめるぐらい違うように思う。僕も野山のフィールドワークはあまり好きではなく、自分ではやろうとは思わない。

でも海のフィールドワークは別だ。
海に住む生物の多様性は、陸上なんか比べ物にならないくらい、とてつもなく広い。
まず褐藻・紅藻、取れ放題だし、ミル・アオサなど、原始的な配偶子形成を行う生物の実物も見ることが出来る。動物も、軟体動物・節足動物・環形動物・棘皮動物・刺胞動物・海綿動物など、生物界を理解する上で重要なところが勢ぞろいだ。その実り豊かさ、驚きの深さでは、陸上のフィールドワークの及ぶところでは無い。

とは言え、海のフィールドはものすごく手間がかかる。海が無い県もあるし、誰でもすぐに出来るわけじゃない。でもこの海のフィールドワークの疑似体験を可能にしてくれたなのだが、チリメンモンスターなのだ。
特に、甲殻類の幼生(ゾエア・メガロパ類)を観察可能にしてくれたのはとても大きいと思う。幼生って、一般に見られるのってオタマジャクシぐらいしかないから、ゾエア類の様々な形態を見られるのはすごくいい経験になる。エビ以外にも、シャコやセミエビ類のフィロソーマ幼生、変態途中のヒラメやカレイなんかもいて、飽きさせることもない。

初めてチリメンモンスターの存在を知ったときは、正直、「あっ!やられた!その手があったか!」と地団太を踏んだ。こんなイージーで奥の深い教材、なんで思いつかなかったんだ、と。
正直、できれば僕が発見して、でんじろう先生級に日本中に名を馳せたかった。ひとつ大きなチャンスを逃してしまった。

というわけで、チリメンモンスターには嫉妬半分の感情を持っているのですが、これに腐らず理科教材の研究は続けていきたいと思います。

スポンサーサイト

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/10/21 21:00】 | 食品研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
乾電池2本でビリビリと感電したい(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。

den900.jpg

物理の記事に初挑戦したんですが、ちょっと小難しくなってしまい申し訳なく思っています。

理科の先生や、理科を学びたい中高生のことを考えながら書いていたら、原理の説明がくどくなってしまいました。コイルは、正月の時間があるときにでもまた巻きます。

------------------------------

それと、「虹部」というコンテンツも始めました。

nizi.jpg

暮らしの中に見える虹を追っていきます。

物理のことはよく分からないので、何で虹が見えるかは詳しい人に聞いてください。

基本はただ、虹がきれいだな、と観ずるだけの部活動です。


90blog01.jpg
「明治通りの虹」と同じ状態で虹が見えている例。(@静岡市の病院)

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/10/14 19:24】 | 科学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
ウナギ釣り挑戦
デイリーポータルZ・狩猟ライターの玉置さんの主催する地引網に参加し、そこで初めて天然ウナギを食べた。

unagi01.jpg
海で採れた天然ウナギ。

初めて目にする天然ウナギ。
うにゅる~うにゅる~と動くそのインパクト。そしてそれを手早くさばいていく玉置さん。焼けた天然ウナギの味。全てが衝撃的な体験だった。
そして僕は天然ウナギ釣りを志すことにした。

------------------------------

ウナギ釣りに関しては、ちょっと思い入れがある。
そもそも僕がデイリーポータルZに参加するようになったのも、ウナギ釣りがきっかけなのだ。

当時、デイリーというサイトのことを全く意識していない頃、ネットで面白そうな理科教材を検索していたら、玉置さんの狩猟記事に行き当たった。もともと生物狩猟に興味があった僕は強く興味を引かれ、玉置さんの記事だけをサイト内検索して、むさぼるように読んだ。東京の川でウナギが釣れる。干潟に筆を挿すとアナジャコが採れる。すごい。
そして「世の中には面白いサイトもあるものだなあ~」と思うようになり、デイリーに関わるようになっていったのである。

参考・「ウナギ釣り部」「2006年のウナギ釣りを振り返る

------------------------------
~ウナギ釣りの概要~
1.夕方から夜にかけて、河口で釣る。河口じゃなくて中流でも、まあ釣れる。どこの川にもいる。
2.エサは太いミミズ。その辺の林で掘ればいい。
3.竿はいらない。ペットボトルに釣り糸を巻いたやつでも釣れる。
4・秋雨の時期が一番おいしい!!

(参考:ペットボトルでウナギを釣りたい

この4つが大事だ。
この「ロハスで気まま」なところがウナギ釣りの魅力だ。
僕は、昔は釣りをそれなりにやっていたんだけれど、仕掛けの用意や遠出の準備がめんど臭くて、やらなくなってしまった。
でもウナギ釣りなら、500mlのペットボトルに釣り糸巻いて、そこらのミミズをちゃちゃっと掘って、自転車に乗って近くの川に行けばOK。しかもそれで天然ウナギが釣れるのだ。(!)こんな魅力的な釣りは他に無いんじゃないだろうか。

しかも今が旬!これを逃したらあと半年待たなければならない。居ても立ってもいられない!

僕はま意気揚々とエサのミミズを採りにいった。

------------------------------

ミミズが採れない。

実験や研究の関係でミミズを採ったことは何度もあったので、自分のミミズ採りスキルには自信があったのだが、全く採れなかった。小さいシャベル片手に枯葉をばっさーばっさーとやり続けたのだけれど、3時間以上あちこちの雑木林を巡って、採れたのは1匹だけ。やんぬるかな。

まあいい。ミミズは買うことにしよう。
なんかこうして妥協を続けると、いつかは「天然ウナギは買うことにしよう」という妥協に流れていってしまいそうで怖い。

------------------------------
いざ出陣

初日は雨。でも雨で川が濁っているほうが、うなぎは釣れるらしい。上下に、ゴアテックスの3万円位するレインウェアを着こんで、川へ向かう。
川というか、湖かもしれない。
自宅から自転車こいで30分くらいのところに霞ヶ浦という巨大な湖があるのだ。そしてその付近でウナギが釣れる、という情報を見たのである。僕のウナギへの情熱は、燃え盛るばかりだ。雨なんかまったく気にならない。

現場到着。
雨で人がほとんどいない。薄暗くなっていく風景の中、釣り針にミミズをつけて、水に向けて放り込む。思ったよりきれいに飛んでいくおもりとエサ。釣りなんてもう、10年ぶりかな。意外と勘は鈍っていない。遠くに光る土浦駅と風俗街の光が、段々眩しくなっていく。僕はそれを眺めながら、水道管に腰掛け、ウナギを待つ。8分目くらいに水を入れたペットボトルが、ぱたん!と倒れたら、獲物がかかった合図だ。





結果:ナマズ10匹程度、ブルーギル1匹、ニゴイ的な何か2匹。

unagi02.jpg
なまず。

ぱたん、ぱたん、といい勢いでペットボトルは倒れる。
でもそのほとんどはナマズ。最後にすごい勢いで倒れたので、期待して引き上げたら、世にも巨大なナマズだった(笑) 後で聞くには、今年はアメリカナマズの異常発生があったらしく、ブラックバスさえも釣れなかったという。「まあ、初めはこんなものだろう」という寂しい思いを抱えながら、雨の中僕は自宅へと自転車をこいだ。 


------------------------------
2陣目

2日後。自宅から一番近い某川へ向かう。
川に向かって直線距離で着くその場所が、ウナギ釣りのポイントだと聞いたからだ。
雨が降ったで状態もいい。
現場到着。川沿いをぶらぶらと自転車で走ると、水門があったり、橋があったり、わりとポイントとしては良さそうだ。ただ、ペットボトルを置けるコンクリの護岸が無い。ペットボトルで釣る場合は、真っ平らなところに置かないと、安定が悪いのだ。
釣り人のおじさんを発見。ポイントを聞いてみると、やはり橋の下がいいと言う。ただ、今年はナマズの異常繁殖のせいで、どこに行っても釣れるのはナマズばかりとのこと。そういえば、この日ミミズを買いに行った釣具屋の人もそう言っていた。うむむ。
ちょっと上流に向かい橋を見つけたが、えらい急斜面でペットボトルどころか、僕自身が倒れて水没しそうなのでやめておき、さらに上流の砂地で挑戦した。




結果:ナマズ10匹ぐらい、ニゴイ?2匹。

unagi03.jpg
ニゴイ??


ここでもいい勢いでペットボトルが倒れる。それでも釣れるのはやはりナマズばかり。おじさんの言うことは正しかった。また、河口付近に比べて流れが速いので、軽いおもりでは、どんどん流される。釣り糸に枯葉や枯れ枝がかかっただけでも倒れるので、対応に苦慮した。
しかし、ナマズのあまりの釣れ方に途方に暮れる。ウナギが釣れる釣れないかより、いかにしてナマズがつれないポイントを探すかが課題なのでは無いかと思った。

------------------------------
3陣目(最終)

ウナギは10月になって雨が降ったらシーズンが終わり、と言われるらしく、僕のにわか仕込みウナギ釣りもこれで最後になるだろうと感じていた。ナマズに嫌気が差した僕は、霞ヶ浦に注ぐ川は避け、利根川方面に向かった。
事前に別の釣具屋さんで聞いたところ、茨城でウナギが釣れるのはやはり九月上旬まで、その後は厳しいとのこと。さっそく敗色濃厚か。まあ、それでもいい。僕は久しぶりの釣り魂に火がついている。土曜の仕事を終え、車を走らせて利根川の支流である某川へ向かった。

着いた先は、いい感じであった。早めに着いて視察したらバス釣りの人も多く、木陰や水路や橋の下に、魚がいそうな雰囲気がむんむんしている。よし、今夜はここで明かすぞ、との意気込みばっちりで釣り糸を水面に放った。



結果:なまず7~8匹

unagi04.jpg
ナマズ千匹。

そうなるだろうな、と思いながら釣ったら、やっぱりそうなった。
ポイント探しがてら、釣り人のおじさんにナマズ情報を聞いたら、利根川でもナマズの繁殖はひどいらしく、下流の方の堰に潜った人が、堰の真下にナマズがびっしり1000匹ぐらい群がっていたのを見た、とのことだった。(!!) 下ネタではなく、リアルにナマズ千匹。ちょっとした怪談より怖い話。
ところでここでは、ちょっとウナギ的なナマズも釣れたので、それも載せてみたい。

unagi05.jpg
うなまず。

触るとぬるぬるして、感触もウナギそっくりだった。もしかして、ナマズに取り込まれてしまったのだろうか。
いずれにしろ、今年のウナギチャレンジはこれでおしまい。
続きは来年に持ち越したい。

------------------------------
総括

ウナギ釣りには、いいポイントを探すのが最重要事項らしい。

思えば
・河口の、しかもいいポイントで、6月~8月に挑戦するべき釣り
に対して、
・中流域で、ポイントを全く知らない素人が、9月下旬に挑戦する

という時点で、すでに敗北は決まっていたのかもしれない。
それでも僕は今回のチャレンジから多くの教訓を得ることができたし、霞ヶ浦・利根川水系の河川分岐を、これまでの人生で無いぐらい真剣に覚えることができた。

仕掛けについての教訓は、他の人の参考になると思うので、ここに書いておく。
参考サイト「ペットボトル釣法
・流れのある場所で、6号のナス型おもりでは軽すぎる。
・13号のウナギ針、ハリスが4号なので、3号のラインを使うと、ネガカリしたときにおもりが無くなる。ラインはもっと太くてもいいんじゃまいか。

来年ウナギ釣りに成功したら、また報告します。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/10/03 23:00】 | 地理研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。