スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
本物の心霊写真としか思えない
本当の心霊写真の話です。
怖くなる人は見ないで下さい。

------------------------------

先日、職場でニュージーランドに行っていた同僚が帰ってきて、彼のデジカメの写真を見ていたときのことである。
デジカメから抜いたメモリーカードをリーダーに挿して、順番に見ていったときに、一枚の写真で彼の手が止まった。

100412-1.jpg
この写真だ。

一件何の変哲も無い写真、彼が言うには、海がきれいだったから、車の中から撮ったという写真なのだけど、よく見ると中央に、何かよく分からないものが写っている。

100412-3.jpg
これ。

なんだろう? ということで、拡大して見てみることにした。

100412-4.jpg

人だった。

いや、正確に言えば人の形をした怪しい影だ。
これは何だろうか? 霊だろうか?
その場で前後何枚かの写真を見ながら、ひとしきりみんなで検討し、自分でも考えてみたかったのでこれ一枚をもらってきていろいろと検討したのだが、やっぱり分からなかった。霊としか思えない。

その検討した可能性について説明します。


------------------------------

可能性① 窓ガラスに映りこんだ何かじゃないのか。

確かにこの写真、車の中から撮ったので、いろいろと余計なものが映り込んでいる。

100412-2.jpg

しかしこの人影に限っては、確実に窓ガラスの映り込みでは無い。
拡大してよく見てみよう。
波打ち際に、この人影の影がしっかりと映りこんでいるのだ。

100412-5.jpg
ほら。

ということは、この人影は確実に波間に存在した「何か」であって、窓ガラスの映り込みでは無いっぽいのだ。


可能性② そこにいた何か、もしくは誰かじゃないのか。

そもそも、ただの映り込みにしては、人としてあまりにバランスのとれたポーズをしている。手足、ヒザ、頭のバランスまで完璧だ。
誰か人がいて、それがボケて映ったんじゃないのか? そうとも考えたが、どうも違うっぽい。撮った彼も言っていたのだがこれ、大きさはたぶん30~50cmぐらいしかないのだ。実際の周囲の波の大きさとのスケール感から考えても確かにそのぐらいしか無い。

で、彼には前後数枚、同じ海岸で撮った写真を見せてもらったんだけど、そこに写っていたのは、カラフルな水着を着たニュージーランド男性&女性で、スケール感も違和感無く写っており、明らかにスケールがおかしい上に、モノクロであるこの人影は、どう見ても異質だ。

というわけで結論。これは少なくとも、人間では無い。


可能性③ イタズラで誰かが立てた人形なのでは無いか。

となると最後の可能性はこれしかないが、この説も採ることはできない。
だってこの写真のこの人影の周囲、明らかに空間が歪んでんだもん。

100412-6.jpg
もやーん。

周囲に比べて、明らかに画像がぼやけてる。曇った処理をかけたみたいになっている。
周囲が波である中に人影が写ったので、画像圧縮の処理の関係でこういう風になったのかとも思ったけど、さっき言った、前後数枚の普通の写真の中には、同様に人が海の中に入っているものもあり、こんな風にもやもやにはなっていなかった。
つまり、この写真の、この人影の周囲だけが、なぜかモヤモヤとしているのだ。

これは、霊による空間の歪みとしか思えない。


可能性④ その同僚のイタズラなんじゃないのか。

彼とはもう4年間いっしょの部屋で仕事を続けているが、極めて実直な男で、絶対に周囲をだまして喜ぶタイプの人では無い。
それ以前に、彼には僕がエクセルやフォトショップの操作法を教えている感じなので、こんな高等な画像処理イタズラができるとは、ちょっと考えにくい。もらってきたこの画像だって、EXIFファイルもちゃんと改変されずに残っている。撮ったカメラはIXY DIGITAL 110、露出時間は1/1000だ。


------------------------------

というわけで、どうやら本当にこの写真は、海に住む何らかの霊が写り込んだ写真っぽい。あんまり怨念がこもっている感じでもないので、祟られそうな気もしないけど……。

ご覧の方で、「いや違う、これは心霊じゃなくて……だ!」と、この写真に対する解答をお持ちの方がいたら、ぜひお願いします!

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2010/04/11 23:00】 | 霊魂研究室 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑|
<<めんつゆフォンデュでお花見に行こう(@DPZコラボ記事) | ホーム | 亀の子タワシからヤシの木を育てよう>>
コメント
これは
人だな、シュノーケルか潜水でもしてたんじゃない?
【2010/07/11 19:00】 URL | 通りすがりのネットサーファー #-[ 編集] | page top↑
透けてるね うっすらと!
500倍に拡大すると後ろの波が見えるようだ。
後ろ振り返りながらこっち側に歩いてくるように見えるし・・・
【2011/06/26 20:45】 URL | ごんべ #-[ 編集] | page top↑
あーごめ俺だよそれ
【2012/08/09 01:14】 URL | 特別見学者 #-[ 編集] | page top↑
ロマン
投稿者さんが信じたいものを信じればいいですよ。
確実な反証なんてあげられるわけもありませんし。
それに投稿者さんが、これは心霊写真だという前提で文章を書かれている事が文章から伝わって来ますし。

ロマンがあっていいと思います(^-^)
【2012/11/06 13:29】 URL | あかさたな太郎 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
午後ティー
蜃気楼という線は、どうでしょう?海岸の砂浜ですしもしかしたら?
【2012/11/17 17:37】 URL | 碁GOT #hdiJ3clg[ 編集] | page top↑
でもすごいねこれ。霊だと思うけど。
【2013/01/02 20:07】 URL | ラッキー #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/103-83a5a2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。