スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
あこがれの水星を見たいんだ!(@DPZ特集)
デイリーポータルZに記事を書きました。

marc900.jpg

---------------------------------------

今回の記事で使ったデジタルものは、iPhoneアプリ以外に二つある。

ひとつは、国立天文台の
「今日のほしぞら」

marc910.jpg


ブラウザ上で、その日の指定時間の主要な恒星と惑星の位置を表示してくれる。
インストール不要なので、簡単な星空検索にはおすすめだ。



もうひとつは、宇宙シミュレーターソフト「Mitaka」

marc920.jpg

ダウンロード&インストールの必要があるけれど、今日から1万年以上後まで、好きな時間の星空をシミュレートできるし、アンドロメダ星雲の彼方まで、宇宙旅行に出ることもできる。

惑星の位置関係をシミュレーションさせたり、北極星がポラリスから別の星に変わっていくのを観察できたり、素晴らしい宇宙シミュレーターだった。
小惑星の一個一個まで登録してあり、これだけで2時間以上遊べてしまう。

しかし天体観測ってのは、なんでこんなに人を引き付けるんだろうなー。
宇宙の彼方で何が起こってようと、毎日の生活には何の関係も無いはずなのに。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2011/01/13 21:04】 | 科学研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/130-bf8bce25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。