スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
ぼくと名越先生
きのう、科学博物館で面白いペーパークラフトを売っていたので買った。


nakoshi01.jpg
温帯低気圧のペーパークラフト

こんなのよく思いついたなあ、面白いなあ、誰が作ったんだろう、と思って制作者のところを見たら「制作:名越利幸」と書いてあった。

見覚えのある名前だ。
「理科教育」で「名越」といったら、中学校の頃に理科を教わった名越先生を思い出す。

名越先生は当時、30代なかばぐらいのなかなかイケメンな先生で、教材研究に熱心な先生だった。
今でも覚えている研究授業がある。
雲のでき方を学ぶ実験だ。

お湯を張った容器の上に、シャボン玉を膨らませて乗せる。
ドーム状になったシャボン玉の中を見ると、最初は微細な水滴のようなものが見えるが、じきに何も見えなくなる。
その中へストローで息を吹き込むと、ふたたび微細な水滴が出現する、という実験だ。

つまり、飛行機雲ができる原理と同じである。
飛行機が通った跡に燃料のチリがちらばって、それが核となって水蒸気が凝結するように、吹き込んだ息の中のチリが凝結の核となるということが分かる実験である。

理科少年であったぼくは、この実験にいたく感動し、名越先生みたいに新しい実験を考えられる人になりたいものだなあと思ったものだった。

さて、名越先生の下の名前はうろ覚えだったので検索してみたところ、やはりペーパークラフトの作者の「名越利幸」さんは名越先生であるみたいだった。


nakoshi02.jpg

今では岩手大学で、理科教育の教授をやっているようだ。
名越先生、いつの間にそんな要職に……。

さて、当のぼくもちょうど当時の名越先生とほぼ同い年で、同じ仕事についている。
先生に負けないように、なにか理科教育に足跡を残すような教材を開発しなければなあ、と実感する。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2013/04/28 10:31】 | 教育研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/183-0ad7f721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。