スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
定番はとてつもなくうまい話と、人間の三大激情
ハヤシライスを初めて食べた日の感動は今でも覚えている。
中学生の頃、母親が久しぶりに作ってみようかしらと作ったのを食べて、まだ心の柔らかい年頃の僕は「世界にこんな味の食べ物があったの、か!」と身を震わせた。

思えば定番化したお菓子も、初めて食べたとき衝撃的な感動を感じたものが多い。
ガルボもじゃがりこも、新発売のときに食べて、「なんだこのうまい菓子はー!!」と身悶えせんばかりに感動した。定番というのは圧倒的にうまいのだ。最近ハマってるコンビニの●●、なんて比にならないぐらい、ものすごくうまい。

そう考えると、初めて鳥の唐揚げを食べた人の感動はどれほどだったたのだろうか。
おそらく、人間に訪れる感情のうち、死への恐怖と異性への思慕の次ぐらいに激しいものだったのではないだろうか。

以上より定義される人間の三大激情。
死ぬのが怖い。
異性が恋しい。
この肉の切れ端に粉をつけて油で揚げたものがうまい。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2013/06/15 15:05】 | 文化研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/188-4dcad3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。