スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
ランニング始めて20年
ゴールデンウィークが過ぎて自分も35歳になり、ふと思う。
ああ、今年でラン始めてちょうど20年なんだなあ、と。

きっかけは何ということも無かった。
僕の母校には、「ゴールデンウィークに夜通しで登山した上、そのあと35km歩く」という気が違ったような行事があり、高校1年生の僕は、その行事に参加するために生まれて初めて「スポーツ用の靴」というものを買った。まあ、その行事自体は本当につらくてキツくて達成感も無く、二度とやるか!という気持ちで終えたのだが(実際に翌年からさぼった)、僕の手元にはそのランニングシューズが残った。

「せっかく買ったし、これ使うか……?」

とはいえ運動なんかまともにしたことの無い75kgの肥満少年だった僕は、運動用ウェアなんてのも何一つ持っていなかった。しかたがないので中学校の体育着であるダサい短パンをはいて、隣の神社を2周(3.5km)することにした。走ってるのがそもそも恥ずかしいし、中学校の短パンなんかはいてるのがさらに恥ずかしいので、誰にも見られないよう夜中にこっそり走った。
それならスポーツ用品店行ってウェア買えばいいじゃん、と思うかもしれないが。運動全般に強力な忌避感・劣等感を持っていた僕にとってスポーツ用品店とは、僕などが入った日には全ての店員と客に「おまえの来るところじゃない、帰れ」と思われているような気がする場所で、とうてい足を踏み入れられる領域ではなかった。ヤンキーが図書館に行った時の気持ちとはこんなものなのだろう。
というわけで、1枚しかない上下の体育着を走ってはすぐ洗って乾かしを毎日繰り返した。
東南アジアの子供のようである。
それを始めたのが、ちょうど今頃、5月の末頃だったと思う。

あれから20年、新しく始めたり、夢中になったり、もう飽きたりした趣味はあれこれあったが、ジョギングだけはずっと続いた。ジョギングは運動音痴の民にとって、最後に残された救いの土地のようなスポーツで、半年以上走らなかったり、タバコばかり吸ってたりした時期もあったが、誰も怒らない、誰にも文句つけられたりしない。走りたいときに走りたいペースでやればいいだけだった。
靴は今ので7足目だ。初代の靴、20年前のナイキ・エアペガサスは3年間使ってぼろぼろになり、とうの昔に捨ててしまったけど、あの靴から始まったと思うと本当になつかしい。あの靴に、もう一度会ってみたい気がする。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2014/05/24 22:37】 | 体育研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/210-206533ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。