スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
甲子園の運営、すごい
去年まで野球の大会の運営をあれこれ考えていた身として、甲子園の運営、アレすごいな、と思う。

諸問題の根源は49校のトーナメント戦を1会場でやる、という点にある。
これはすごい。
初戦の24試合が終わるだけで7日間もかかる。普通に考えて、とんでもなく効率が悪い。
運営とかにかかわる前はこんな簡単なことに気づかなかったのだが、もちろんその間の試合待機チームの滞在費はシャレにならない額になる。100万単位でかかる。
常識的に考えれば3会場ぐらいに分けてやって2~3日で終わらせるのがふつうだが、それでも無理やり1会場でやる。なぜそこまでしてやるか言えば、もちろん甲子園が神格化されているからだ。出場選手も保護者も、「甲子園球場でやらなければ意味が無い」と印象付けられてしまっているから苦情が出ない。すごい。

しかも本大会だけでなく、「公式練習」といって、出場チームが事前に実際の試合会場で事前練習する行事がある。
これも会場数を増やせば1日で終わるのに、1会場しかないから49校回すのに3日もかかる。たった30分の練習のために開会式の1週間前から現地入りするチームもある。
それでも苦情が出ない。すごい。

さらに、大会期間中の試合の無い日、選手をホテルでぶらぶらさせてる訳にもいかないから、体を動かすための球場を用意するほうがベターと考えられている。(必須ではないが)
それも待機チームの分だけ用意する。
すごい。

そして選手を滞在させているホテルも、大会期間中の日数×49校分を押さえ、さらに試合に負けたらキャンセルして帰ってもいい約束まで取り付けてある。1会場制のせいで、大会期間がとんでもなく長いのに。すごい。

だからその分頑張って、1日に4試合やる。これ自体すごい。予選ではありえない。
なので予定は押しに押して、第一試合の開始は8:00となる。
8:00プレイと言うことは、遅くとも6:30ぐらいにはチームは球場入りしていると思う。
そうすると5:30には選手は宿舎を出なきゃということになり、ということは4:30には起きて選手にメシを食わす(もしくはおにぎりを持たせる)という日程をホテル側に依頼することになる。
選手もホテルも大変だ。でも苦情が出ない。
すごい。

など、通常のスポーツ大会の常識から考えると、普通はやらないことづくめの甲子園大会。
そのうえ、引き分け時には「必ず再試合を行う」という日程無視の狂気のような規定まであるのだが、それまで含めて「そういうものだから」で運営されている甲子園大会というのはほんとすごいなあ……、と野球の仕事を離れた今でも思うことがある。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2014/08/12 21:14】 | 体育研究室 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/215-9223a5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。