スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
仕事に疲れ果ててヤブイヌを見に行った
デイリーポータルZに記事を書きました。

yabu900.jpg


この記事を書いてスピッツの1stアルバム『スピッツ』を聞き直したんだけど、その作品としての素晴らしさには何度でも感動できる。



若い世代には小学校歌集に載っている『チェリー」』のイメージが強いみたいだけど、スピッツは僕らの世代(昭和50~55年生れぐらい)の文化系男子&女子に対してすさまじい衝撃を与えたバンドだった。
とくに創刊されて間もなかった「ダヴィンチ」とかを読んでいた文学系男子女子に対する影響力たるや、まさに絶大で、スピッツの表現に目を向けずに青年期を終えることはほぼ不可能だったと言えるほどである。
まさに時代と文化を作ったと言えるほんとにすごいバンドなのだ。



↑「スピッツみたい」という感覚は僕らの世代にとってもはや共通語ですらある


スピッツの歌詞には、叙情的・叙事的なそこらのJポップの歌詞とは一線を画した独創性があり、これまで見たことも無かった現代詩の香り漂う「叙物的・叙言的」な詩に触れた僕らは心を打ち砕かれるような衝撃を受けたものだった。

『死神の岬へ』(一部)
♪愛と希望に満たされて だれもかもすごく疲れた
♪そしてここにいる二人は 穴の底で息だけしていた
♪古くてタイヤもすり減った 小さな車で出かけた
♪死神が遊ぶ岬を 目指して陽が昇る頃出かけた

♪そして二人は見た 朽ち果てた廃屋を見た 
♪ガードレールの傷を見た いくつもの抜け道を見た 


すごい。

そしてセールス的にも知名度的にも絶頂と言えるのが6thアルバムの『ハチミツ』で、最近、曽我部恵一さんたちにトリビュートされることでも話題になった一枚だ。
http://natalie.mu/music/news/162360


ミリオンセールスのアーティストが、アルバムに『ハチミツ』と命名するなんてこと当時としては異色の出来事で(だって当時は小室哲也とかB`zの絶頂期だ)、もうアルバム名だけでくらくらする思いになったものだが、これは正宗さんがずっと温めていた言葉で、いつかタイトルにしようと狙っていたらしい。

この話を含めてすべてラジオで語っていたことだが、スピッツははじめの頃CDがあまり売れなかったので、もう少し世間に迎合した歌を出した方がいいかと、だんだん「世間並み」の曲名をつけるようにしていったらしい。
(それが『君が思い出になる前に』、『裸のままで』あたり)
しかし、「スピッツらしさ」を前面に押し出してもどうやらいいらしい、ということが分かってきたので、それはやめて、5thの『空の飛び方』あたりからやっぱり自分たちらしくすることにしたらしい。



そうして満を持して生まれたのが6th『ハチミツ』だ。
この言葉を使えた正宗さんの嬉しさを想像すると、胸にこみ上げるものがある。ぼくなんかまさに、正宗さんがそうやってつくりあげた世界にあこがれ、大学時代に詩を書き始めたようなものだ。

というわけで、いまでこそ若者には『チェリー』のバンド、としか思われていないが、機会があったら『ハチミツ』、『空の飛び方』そして『スピッツ』ぐらいは借り、聞いてみてもいいのではないかと強く勧めたい。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2015/10/11 18:24】 | 研究室旅行 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/237-3e4f6558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。