スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
ぼくの思うWeb記事を書くポイント(おもにデイリーポータル向け)
さいきん、若いウェブライター志望者が増えている、ということなので、記事の書き方を少しだけ語ってみようと思う。僕もデイリーポータルZに顔を出し始めて7年経ち、37歳になった。
後進のために少しくらいこんなこと書いても怒られないのではないかと思う。

モデル記事:『仕事に疲れ果ててヤブイヌを見に行った』http://portal.nifty.com/kiji/151008194753_1.htm

感じたことを文章にしてはダメ
まずはじめに、どんなタイプの記事でも気にしないといけないのは「感じたことを文章にする」のではなく「文章から感じさせる」のだということだ。
いろいろな若い人たちの文章を見ていて、あー、この人は感じたことを文章にすることができた気になっているし、しかもそれが読者に伝わってると思ってしまってるな、と思うことはよくある。
原理的に、感じたことをすべて文章にすることなど絶対不可能だし、読者にとってもどうでもいいことだから、書いた文章から感じさせることに注力した方がよっぽど読者のためには現実的であり効果的だ。


心のささくれを見逃さない
この間の三土さんの記事『水びたしの公園がすごい』みたいに、絶対におもしろい超ド級のネタがあれば、素材をそのまま味わう文章を書いてもいいのだが、デイリーの記事はそうでない場合も多い。その場合は生活している中での「心のささくれ」が記事の核となることが多いので、これを見逃さないことが大切だ。
例えば先週のヤブイヌの記事で言えば、実質は単に休日に動物園に行っただけのことなのだが、ヤブイヌの飼育場の前に行って「ヤブイヌかわいそうだな」と思ったことが記事の始まりとなった。ここから、ビリヤードのブレイク・ショットのように言葉が散らばり、そして落ち着くべき場所へと集まり始める。
このように、普段生活しているなかで不意に「およっ?」と感じた瞬間の「心のささくれ」はライターの生命線とも言えるので、スル―せずにこまめに拾い上げられるような習慣をつけ、こまごまメモしたりするようにするといいと思う。

よくあるもの+もうひと軸
これは林さんも言っているけど、デイリーの記事は「見慣れたもの」+「もうひと軸」が基本である。世間である程度認知されているものでも「ヤブイヌ」+「残業」とか、「海南チキンライス」+「ぐだぐだになっていく楽しさ」とかである。
この「もうひと軸」が決まらないときにライター企画会議に行って話すとすんなり決まったりするので会議は本当に楽しいのだが、最近はめっきり忙しくて行けない。おかげで締切が近くなると仕事しながらも一日中「もうひと軸」を考えているが、そういう時でも題材のことを考えつくした末の「心のささくれ」から生まれることが多い。ここでも逃さずに拾っていこう。

記事に必要な写真の7割があればOK
さて、ヤブイヌの記事で言えば、ヤブイヌをかわいそうと思った瞬間から記事になるかもという予感がしたので、写真を撮り始めた。同行の嫁さんにこの写真を撮ってもらい、ここが感情の頂点になるように前後の構成を作っていく。

yabu080.jpg
この写真がこの記事の主題

ここから写真を撮り始めたので、入場前の行列の写真とかは撮ってないのだけど、そのへんは適当にごまかしても、記事の核(=心のささくれ)にかかわる部分がしっかり撮れていれば何とかなる。それでも多く撮っておいて使えないということは無いので多めに色んな種類のを撮っておこう。


前半の構成 ~読者を世界に引き込もう~
ここからそれ以外の構成を考えるわけだが、前半は読み始めた最初の30秒で読者に興味を持ってもらう必要がある。
なので図書館で借りた本も含め、手持ちのヤブイヌ資料をどんどん入れることにより、読者を「ヤブイヌって何?」という状態から早めに脱出できるようにした。またこれには、一人称感覚で記事に共感できる効果もある。
あと残業の話以外に、もうひとつヤブイヌを見に行く動機を補強した。それが進化の部分だ。理科的な話は読者にもよく読んでもらえて評判もいいので、スパイスとしては使いやすい。


中盤の構成 ~記事のサビこそていねいに~
この記事の中盤は、さきほど説明した感情が主役になるように調整しながら書き進めた。出発の部分から、ヤブイヌに向けて心が盛り上がっていくように描写し、ヤブイヌに別れを告げるとこまで丁寧にバランスよく書く。
繰り返しになるが、バランスのポイントは「言葉から読者に感じさせる」ことだ。
ヤブイヌを見ていた人たちの感想のところは、当初ここを記事の軸にしようかと思うぐらいいろいろな言葉がきけて面白かったのだが、注目しすぎると軸がぶれるので、せつなさを増幅する装置としての扱いに切り替えた。

後半の構成 ~印象的なフレーズを投入しよう~
最初、後半は地の文で「進化を目指した僕と、進化を目指さなかったヤブイヌ、どちらも疲れ果てる運命にあったのか」的な文章を考えていたのだが、そうすると語り過ぎでうっとおしいなと思ったので、ヤブイヌへの問いかけに切り替え、読者にゆだねる形式にした。
仕事とか家事とかしながら、記事のことを考えたときふと浮かんだイメージやキーワードを中心に組み上げる。最後にヤブイヌに「ごめんね、難しいことばかり聞いて」とあやまる構成がひときわ切なくて良さそうだなと思った。
この記事に限らず「強い言葉、フレーズ」は記事の構成を吸引する強力な核となるので、記事の後半に配置すると文章が引き締まり、読後の印象がぐっと強まる。(あ、これ世間で言う「決め台詞」ってやつか)
思い浮かんだらイメージが逃げて行かないうちにメモする習慣をつけるといいと思う。とくに20代のうちはどんどんフレーズが出てくるが、30代になると昔ほど出てこなくなるので、長くやるつもりなら大切だ。(ロキノンジャパンの文章は、音楽の感想を文章で表現する中で効果的な決め台詞がいくつも出てくるから参考になる)

それとヤブイヌのぬいぐるみは、特に記事に使おうとかは考えずにかわいかったから3匹買ってきた。こういう目に留まったものをとりあえず買っておくのも、あとあと使えることが多いのでいいと思う。

終章
ここは記事ごとにどうするかがまちまちで、これというのは無いのだが、今回は動物園に悪いイメージを持つ読者がいたらちょっと申し訳ないなという気になったので、明るい写真でイメージ回復をはかった。

その他全体であるとすれば、似たような写真が多くなり過ぎないように注意することだ。人は同じ写真が3枚以上続くと急速に飽きるので、なるべく違うアングル・構図などこまめに入れて先へ先へ読んでもらえるようにすると、読者にとって親切な記事になるだろう。

というわけでざっと概観になってしまったが、以上が今回の記事を書くにあたっての注意した点だ。あと、何を書くにしてもとにかくある程度長いの書けないとダメなので、ツイッターで何万もツイートしている人はほどほどにして、ブログできちんと書くことをもっとやった方がいいと思う。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2015/10/12 18:10】 | 附記 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/238-4fa8861e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。