スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
『スーパーのうずら卵から、ひな鳥ピヨピヨ!』(@DPZ特集)
今回の研究は、別サイトでの発表になります。

普段、「まさゆき研究所」の論文を紹介してくれている「@ニフティ デイリーポータルZ」に論文を寄稿させてもらいました。名前は「加藤まさゆき」で書いているけど、同じ人です。僕です。
なので、今回の記事はデイリーポータルZで読んでいただければ、と思います。

@ニフティ デイリーポータルZ 
2009.2.19(THU) 特集
『スーパーのうずら卵から、ひな鳥ピヨピヨ!』
uzu_910.jpg



------------------------------

これで僕もライターの端くれになったと言えるのではないだろうか。
ライターなのか、ライターじゃないのか、と言えばライターだ。
職業なのか、趣味なのかと言えばギリギリのところで職業になる。(事実上趣味だけど)
というわけでこれからは、堂々と職業欄に「フリーライター」と書けます。(なんかローン審査とか落ちそうだ)


ここでは後日談を書かせていただこうと思います。
まだ本記事を読んでない方は、そちらを先に読んでから、ご覧になってください。


------------------------------

1・後日談
2・理科の先生に向けて


1・後日談
無事にふ化したウズラ3匹、その後どうなったかといえば、実は全部死なせてしまったのである。僕も理科の先生なので、それなりに注意を払って飼育していたのだけれど、生後4日で全部死んでしまった。
今思えば、ファンの風が強く当たりすぎてしまったかもしれない。
また、湿度の管理が大雑把過ぎたかもしれない。
(ウズラはふ化後、湿度70%で1週間保たないといけない)
反省するべき点はいくつかある。

現在、ウズラリベンジに向けて、こんな器具を準備しているところだ。

uzu_900.jpg
タッパーのふたに切れ込みをいれ、中に小さなブックエンドを入れたもの。


恒温槽内の加湿に使う予定の器具。
材料はどちらも100均で買ったものだ。
どうやって使うかといえば……


uzu_901.jpg
中に水を入れ、ぞうきんを浸してひっかける。


ぞうきんの引っ張り出し具合、たるみ具合で湿度をコントロールでき、中にウズラが転落して溺死してしまうおそれも無い。なかなかいい器具を考案できたと思う。
これでウズラの飼育に成功したら、また研究所で報告したい。


2・理科の先生に向けて
脊椎動物の発生の実験といえば、小学校におけるメダカの発生が主であり、中学・高校では実験を導入していない。おそらく、主に扱うイモリ・カエルの材料の入手が困難な点に問題があったためだろう。
ウニの実験は僕の勤務校でも導入しており、受精の瞬間が観察できる実験として生徒に好評を博しているが、季節的に限定されてしまう点、発生過程が脊椎動物から遠すぎる点などで、最適な教材とは言い難かった。

そこで僕は、恒温槽を用いたニワトリの発生過程を、有志を募って観察させることを考えていた。
これは他校で導入している先生もいて、それほど珍しいアイデアでは無い。今回のウズラの記事の発端は、このことを兄に相談しているときに、兄が教えてくれたものだ。

兄の勤務校では、ウズラの発生の観察を導入した先生がいるらしい。
ニワトリに比較して発生期間が4日短いこと、卵が小さいので数を用意しても場所を取らないところなどがメリットだそうだ。なるほど。

恒温槽が全ての学校にあるわけではないので、発泡スチロール箱とペット用ヒーターなどで実験しなければならない学校も多いだろう。そんな環境においては、場所をとらないウズラ卵による発生観察はメリットが大きいと思う。発生過程が人間に似ている点も、鳥類を使うメリットだ。

「スーパーのウズラ」は、もちろんこういった正式な発生過程の観察には向かないが、これはこれで大きなインパクトがある。活用次第では、また一つ面白い題材になりそうなネタだと思う。

関連記事 『ウズラ・附記』


メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/02/19 16:10】 | 科学研究室 | トラックバック(3) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/24-6cacbfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさゆき研究所 『スーパーのうずら卵から、ひな鳥ピヨピヨ!』(@DPZ特集)
リンク: まさゆき研究所 『スーパーのうずら卵から、ひな鳥ピヨピヨ!』(@DPZ 「ブログ学」blog【2009/02/20 18:23】
スーパーのうずら卵を暖めるとひな鳥がかえるらしい
鍋焼きうどんを作りました。 意外と美味しい! さてみなさん、スーパーで普通のうずらの卵って売っていますよね? 見かけた人も... 20代後半、サラリーマンのつぶやき【2009/02/20 23:43】
衝撃!◇「スーパーのうずら卵からひな鳥ピヨピヨ!」
●【小ネタの?火曜日】 この晩もおそろしく冷える風が吹きましたが 満開に咲いた沈丁花がほのかな香りを漂わせたりして 日々着実に春が近づいてると感じてはおります。 さて今回紹介いたします生きもの関係のサイトですが- @nifty:デイリーポータルZ:スーパーのうず... 萌えろ!高校生物?・?【2009/02/24 03:10】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。