スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑|
狛犬・附記
1.中国の狛犬には必ず子供がいる

あのあと野暮用があり、横浜に行く機会があったので、中華街で狛犬を観察したら、中国の狛犬には必ず子狛犬が付属していることが判明した。



koma950.jpg
ほら。


koma970.jpg
ほらほら。


koma960.jpg
ほらね。



koma980.jpg
大きさが小さくても……


koma981.jpg
必ずいる。


しかもほとんどは腹を向けて親に抗うポーズ。
これも、何かの文化性や思想を表しているのかもしれない。

そして、横浜中華街の名所「関帝廟」には、子供や宝玉どころではない、特別なものがくっついているのも発見できた。ここ1ヵ月で50体以上、集中して狛犬を観察してきた身としては驚きだった。これはデイリーポータルZのコーナー「風雲!コネタ城」の方に掲載させてもらったので、そっちを見てください!

横浜中華街「関帝廟」の狛犬は●●を持っている


2.「子狛犬みたいわ」に多数の情報が寄せられています!

同じくデイリーポータルZのコーナー「ちょっと見てきて」において、子狛犬が見たい!とリクエストさせてもらったところ、たちまち全国から子狛犬の情報が寄せられて大興奮しています! 台湾や香港からも寄せられているので、全世界といえるかもしれません! 

狛犬の子供(子狛犬)みたいわ
koma901.jpg


セパレート子狛犬、見つめあう子狛犬、迷惑そうな子狛犬、最高です!
ありがとうございます! そしてもっと見たいです!


3.おっぱい狛犬再び


記事のハイライトを飾った「おっぱい狛犬」こと、牛天神・北野神社の狛犬。あのあとも僕は狛犬観察を続けていたのだけど、牛天神からそう遠くない江戸川橋の「北野神社」でも子狛犬を発見した。神社の名前が同じだったので、「系列店」かもしれない、もしかしたら期待できるかも! と思って見つけたのがこれだった。

koma990.jpg
まさかの……


koma991.jpg
おっぱいおっぱい!



やはり系列店! いましたおっぱい狛犬!
もしかしたら北野神社系列には必ずおっぱい狛犬がいるのかもしれない。
既述の「見てきて」コーナーでも、狛犬がいたのは全て同じ名前の神社でした、との事実を教えていただけたので、やはり神社の系列によって決まっていることがあるのかもしれない。
というわけで、今度から「北野神社」の名称を僕の中で「おっぱい神社」に改めようと思う。



メールフォーム
お名前:
メール:
 件名:
 本文:

【2009/12/06 23:00】 | 附記 | トラックバック(0) | page top↑|
トラックバック
トラックバックURL
→http://masayukigt.blog123.fc2.com/tb.php/81-db3fcef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。